CALENDAR
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
ARCHIVES
OTHERS
LINK
ADMIN
Search this site.
normal | list
やられました~
もぅ!かゆいです!

毛虫.jpg

毛虫まけでしょうか
気付いたときにはちっちゃなとげがたくさん刺さっていて
こんなの抜けないよぅ~~って一個一個毛抜きでがんばってましたが
次の日にはこんなことに・・・

実は小さい「とげ」はセロテープで抜けばいいらしい
あら 勉強になりましたね

調べたけどチャドクガっにやられちゃったぽいです
うぃ~

さてそーーいえば
宿題だった蝶と蛾の違いですが

夜行性かそうでないか
とまっているとき翅をどうしているのかってのも大体は正しいらしいけど

日本にいる蝶と蛾の見分け方で一番正しいのは
『触角の形』らしいです

詳しくは

先端がちょい太くなっている・・・蝶
それ以外・・・蛾           だって

生きてる蝶はなかなか近くで撮れなくて 
やっと撮れたから見てね

蝶.jpg

ga.jpg

しかし 蝶と蛾を区別してないお国もあるってね

そういや 英語のビートル(Beatle)って 
昔はカブトムシという意味って思ってたけど
実は「甲虫」って知ったとき あり?

で、アメリカ人に 「じゃあ クワガタって何ていう?」
って聞いたら「Beatle」「じゃあカブトムシは?」
「beatle!!」

この答えに驚いて
「は?どうやって区別するの?」って 聞いたら
めんどくさそうに「どっちでもい~でしょ!」て言われてしまった・・・

あとで調べたら Beatleの前に単語つけて区別するらしいけど
「どうでもいい」レベルてのがビビるわよね

でも 英語では 変態しない哺乳類でも大人と子供で単語が違うのが多い・・・
これを「ややこしい」って思ってしまうのとおんなじかも
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
柔軟性
東洋医学を勉強し始めたとき
は?へ?の連続でした

西洋医学、西洋医学で用いる薬は、なぜよいのか、なぜ効くのかが
明確ですが東洋医学では
『わかっていないがなぜか効く』が通用するのです


しかし最も衝撃だったのは
漢方には『病名』がないの~~~!!!


だからあるCMの耳慣れたセリフ「風邪には葛根湯」
これ漢方界ではおかしいらしい

私も、じゃあどうやって診断すんのよぅって思ったのですが
『証』っていうのがあるので、それを見極めて・・・

ここで『証』とは何かというと、症状に加え、体力・体質なども考慮した診断結果のこと

犬、猫にもちゃんとあるんです

例えば、がっしりさん、ほえる声が大きい、よく下痢をする、
暇さえあれば寝ている、神経質 etc・・・ こんなことが手掛かりになります 

しかし、西洋医学がベースで勉強してきた私にとって
100%東洋医学的診断をするというのは、正直、難しい

でも、柔軟に考えれるようになってきました

頭の中には病名をおきつつ
同じ病気でも、それぞれ、出てくる症状、つらい症状は違うのだから
病名〇〇に対する治療はこれっていうのではなくて
証も考慮するっていう考えの方がなんか優しく思えてきたのです


それと東洋医学を取り入れるにあたって
切って離せないのが『気』です

特に、鍼治療やマッサージするときは『気』を込めるのと込めないのと
では治りが全然違うというのです!

では、具体的にどうすればいいの?って最初はわからなかったのですが
気持ちを込めればいいんだよ、だって。
なるほどね。ならできます!
ってなわけで、治療が終わったとき、自分自身がぐったり疲れたら
「きっと気をあげたからね」と思うと、なんだか達成感。

でも、あげてばっかりでは、私も『気』抜けで、死んでしまいますので
週1回は自分のための養生術に通っています


先日、その講習会で講師の先生がこのようなことをおっしゃいました

「スズメが電線にとまっちょる。1羽撃ったら残りは何羽?と聞かれたら
そりゃあなた、3引く1で2羽じゃないか。と答えるのが西洋医学。」

「へ?何が違うん?」っと疑問に思っていると

「答えは0。びっくりして、みんな逃げてしまうわい。これが東洋医学的考えよ。」

ガガガ~~~ン まだまだ私には柔軟性が足りなかったわ。がっくし・・・。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
生き物図鑑 発動!
実は私、獣医師免許の他、生き物に関わる資格で『ビオトープ管理士』
というものを持っております

ビオトープ = 生き物のすむ空間 という意味です

そして ビオトープ管理士は
<地域の生態系を守り、取り戻す> ということをするんです

だから、なんかの工事とかで
そこに暮らす生き物が生きていけなくなる!
となると、ちょっと離れた別のところに同じような生態系を
人工的に作り出したりしてそこに住居ごとしてあげる・・・
といったことをするのです

ほんとはそこに住む生き物にとってはそのままがいいに決まってるんですけどね

でも、人間中心に人間が住みやすいように環境を整えるとなると 
絶対的に他の生き物たちが住みにくくなくなるでしょ

それを、「人間のわがままで死んでくれ!」ってのではなく、
せめて、被害を少なくして・・・という、まあ言わば、『苦肉の策』なんです 

とりあえず、私が思うのは
み~んな、子供のころから 「明らかに誰が見てもかわいい動物」だけでなく

『全部の生き物』

を大切に思う気持ちを持って大人になってくれたら
将来は、もっともっと、★共存★ということを考えながら生活する社会を
築いてくれるのではないかと期待してます

今は大人より子供たちのほうが環境問題に詳しいって言うじゃな~い!!
その調子 その調子~~

そして、自分の子供には ちっちゃい虫も爬虫類なんかも
「みんなやさし~よ~。かわい~よ~。」って言って接しております。

さて、前置きが長くなりましたが、このカテゴリーでは、近くで見つけた
生き物を紹介していきたいと思います!

まず、第1回目は 直美動物病院のトレードマークであるカエルの中から
モリアオガエル君

夜、うちの玄関に来てくれました 

私も、こんなに大きいモリアオガエルは初めてで、9cmありました
本にはメスでも8cmまでって書いてあったからギネス級か!
ときよしとかえる.jpg
| permalink | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
フィラリアくんってすごいのね
フィラリアくんってすごいのね
って思ったのは

どうやって彼らが犬の体内に侵入するのかっていうのを知ったときでした

蚊からうつされるってことは皆様ご存知だと思いますが
彼らは結構努力家でして

蚊の体内で成長した子供フィラリアは
血を吸う時に 犬への感染のチャーンス が訪れます

そのとき蚊が持つ吸血ストローから
直接からだにの中に入る・・・・・・んじゃないんです

蚊.jpg



蚊は吸血ストローとは別にもう一本、口当たりに管を持っているのですが
その管から ポトンと 体表に落ちた彼らは
吸血ストローであけられた穴までえっちらおっちら泳いでいって
そしてそこから侵入するんですって

まぁちっちゃいのに~
動物は毛もあるから 体長1mm彼らにとってどんなハードなものなんでしょうね
穴目指して・・・? ん? 眼は見える・・・? わけないか 
穴の臭いをかぎながら・・・ん?臭いはかげるのか?
 

だんだんわからなくなってきました 
どうやって穴の場所がわかるのでしょうね

はっ!でも、もしかして蚊って小さいからその2本のストローの間隔も
極近で 穴までたどりつくのに大して苦労いらない!? 

フィラリアくんってそんなにすごくなかったりして・・・アハッ

まぁとにかく 下等な生物ほど 不思議なすんごい能力が備わってますよね
で締めくくるとして・・・

さてさて 今年は蚊が出るのが遅かったので
予防開始は 6月から とお勧めしています

往診の際、ご自宅でフィラリアにかかっていないかの検査も可能ですので
ご利用ください

フィラリア抗原検査代2,000円
予防薬700円~ となっております


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
水イボ!? とびひ!? なんじゃこりゃ!
長男はちと乾燥性アトピーがあります
 
なので 『水イボがうつり易い傾向にある』
というのを見事実証

腰の辺りに3個発見してはや半年
潰れたら広がるよ~~ と言われていましたが
そのままの状態で 維持されておりました


しかし ある日 引っかいたのか 急に3つとも潰れ

予告どおり 
あらこっち あれここにも

と増えていったのでした・・・


それが 4月の日曜日 
おやっ 
すっごいおっきいのができているではありませんか!

しかも 首や足にまでぞくぞく増えてる!

やややっ
 
これはなぜだ!? 水イボも消毒しないといけなかったのか!?
実は このでっかいのが親玉で とびひに移行したのか!? など

???йщё△^?$з~д☆?й・д#ⅵЮ~~~~!?ってな感じに
走馬灯のように 私の頭の中で ぐるぐると考えがめぐりました


それから しばらくして 弟のお着替えを・・・と思い服をめくると・・・

あ~~~!

なんと!君にもブツブツが!

そこで私の頭の中のぐるぐる走馬灯がぴたっと回転を止め・・・

み・ず・ぼ・う・そ・う!?!?


次の日 保育所にお休みの連絡を入れるとき
「なんか 他のお子さんの休みの連絡 たくさん入ってたりしますか?」
と 尋ねたら
返ってきた答えは やっぱり
「はい 水疱瘡です」 でした

お兄ちゃんは皮膚が弱いからかな 弟より酷い跡になっています
え~ん><

DSCF0067.JPG
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7