CALENDAR
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
カテゴリー
ARCHIVES
OTHERS
LINK
ADMIN
Search this site.
normal | list
サクラチル・・・
先日、キックボクササイズ講座に申し込みました。
申込者が多くの抽選とのことだったんですが、

結果を見に行ったら、残念なことに落選していて(=サクラチル)
ちょっとがっかり かなりがっかり 


「白衣の下は、磨きぬかれた美しい肢体」
と謳おうと思っていたのに、ならず です。


頑張り屋の私ですが、抽選ならなすすべがありません。
しかも、補欠21番って、あ~た、絶対21人もキャンセルする??

 
絶望的ですな。    


ふえ~~~ん



しかし、最近いいこともありましたので、
紹介させていただきますね。


① ナナフシの擬態見破る!
ナナ生.jpg

一生で生体をまだ2度しか見たことなかった私ですが、
(博物館などの生体展示を除く)見事発見。
ななふし手.jpg



昨年は「み~~~~~っけ」と捕まえたら、
すでに、お亡くなりになっていました。

それでも珍しいので記念撮影。(脚が足らんけど)
なな.jpg

だから、今年は生きててすごく感激でした。


でも、本当は知りたい。世の中の人々はどれくらい
この虫を見つけたことがあるのか。
もし、「そんなんどこにでもおるやん」って言われたら
かなりショックかも。
ナナフシの化け術にまんまと騙されてるのは、私だけなの!?



② 巨大カエル捕獲!
ときかえる.jpg
ウシガエルです 

こちらも生体については
中学校のとき、ピアノのお稽古の帰りに捕獲したのが最後でした。

池の近くの道路で発見。
車にひかれなくてよかったです。
5日間、我が家の子どもたちと遊んでくれました。

池に返すとき、号泣した長男でした。

あなたの気持ちはよくわかります。

でもママは、彼のための餌探しに明け暮れるわけには行かないのよ。



ちなみに、こちらは、先週逃がしたカナヘビ君。
かな.jpg

本当によく慣れ、手に乗せるとうっとり目を閉じるほどでした。

シッポを切ったらお別れよ!というルールどおり、
次男が切ったので泣く泣く逃がしました。


彼の餌探しはあまり苦労しませんでしたが
適当なサイズのクモやあおむしを見つけるたび捕獲。

ビニール袋を持ち歩いた日々でした。

タッタと走ってぱくつく様子は勇ましかったですよ。


③ 1ヵ月の末の生還

生き物と遊んでいる間になんでも「つい」殺してしまう次男が
大ケガを負わせたカタツムリ。

どこが変かわかりますか?
壊れてる.jpg
背中側に注目
ハイ、本来出てくる穴と違うところから
顔を出しちゃってるんですねぇ。

心臓のばくばくが見えるほど大きく割れていて、
おばあちゃんの
「逃がしたら?」の言葉に逆らって持ち帰りました。

しかし、どう修理しようか、観察しているうちに、
今度はわたしが うっかりぶり を発揮。

また、床に落としてしまい、ひぇ~
さらに、腸まで見えるほど割れが進行してしまっ・・・て・・・

泣きそうになりましたが、
しかし諦めませんでしたよ。

いろいろ、考え抜いた挙句
① しばらく水分を与えず、殻に完全に閉じ込めさせる
② 完全に殻に入ったところで、感染性の少ない、
しかも光を通さないアルミ箔で穴を覆う

この手法で、彼はめでたく、もとの穴から顔を出したので~す!!

DSCF0185.JPG

嬉しかったです。
この手法を思いつくまで1ヶ月。

毎日、殻の中の糞をかき出すという、
カタツムリの介護から開放されたのですから!
うんち.jpg

外には逃がせないと思いますので、一生面倒を見るつもりです。


今ではぐっすり寝ている彼を見ると安心します。
睡眠.jpg

※ 一応、診療動物に 「虫」 は含まれておりません・・・



| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<サマーカットキャンペ~~~ン | 懺悔 >>